クレジットカードで携帯・スマホ料金を引き落としするメリット・デメリットは?

スマホ料金をクレジットカードで支払おう

 最近は公共料金なんかもクレジットカードで支払うことができて、とても便利ですよね。毎月固定的にかかる費用だからこそ、クレジットカードで支払うことで、普通に口座引き落としで支払うよりもポイントも貯まっていってお得です。

 携帯電話・スマートフォンの料金も例外ではなく、クレジットカードで支払うことができます。スマホの料金といえば、毎月8000円~10000円ほどかかるもの。もしクレジットカードで支払っていれば、何もしなくてもどんどんポイントが貯まっていきます。また払い忘れということもありません。○○円以上で年会費無料という条件も楽々クリアすることができます。何より、毎月使っていくことによって、クレジットカード会社からの信用を得ることができて、ゴールドカードへのランクアップや限度額の引き上げにも有利になります。

特に学生はみんなスマホ持ってますし、クレカで引き落とししてもいいかもしれませんね。親の口座が引き落としになっている場合は親のクレカでポイントを貯めてあげてもいいですね。
より詳細な情報はこちら → 学生クレジットカード

デメリット

 というのも、しっかりと延滞をせずに払い続けることができれば、の話です。もし払い忘れてしまったら、口座の引き落としの場合だと、スマホの利用が停止するだけなのですが、クレジットカードで支払っている場合、払い忘れをすると、信用情報に傷がつきます。個人信用情報機関と言ってクレジットカードの利用履歴を5~10年分記録している機関があります。カード会社は申し込みがあった際に、ここに情報を照会してもらって、過去の履歴から信用できる人かどうかを判断します。つまり払い忘れの履歴が残っている人は、新規のカードの申し込みをしても審査が通過しにくくなってしまうことがあります。

 便利な反面、管理を怠っていると、入金を忘れてしまうこともあります。そうすると、思わぬところで経歴に傷がついたりします。特にスマホの支払いは2年間、24回の支払いの機会があります。1度でも支払いが遅れると、延滞の記録が少なくとも5年間は残ってしまいます。

クレジットカードの口座変更は可能?窓口はどこ?

口座変更は可能なのか

 クレジットカードを利用していると、毎月利用料が口座から引き落としされます。そのため引き落とし日までに口座に入金をしておかないと、支払い延滞とみなされて、今後新規にクレジットカードを作る際に不利になったりします。ですが、転職してメインバンクが変わったりすると、今までの口座にわざわざ入金するのも手間になってきます。そのようなとき、クレジットカードの引き落とし先の口座を変更することはできるのでしょうか。

 口座を変更することは可能です。ホームページや電話で問い合わせをすると、案内をしてもらうことができます。そこで必要な書類を郵送してもらったり、ダウンロードしたりします。あるいは会員サイトがあれば、そちらで変更をすることも可能なようです。ただし、ネット上のみで変更手続きをする場合、すべての銀行の窓口に変更することができるわけではありません。地方銀行の窓口に変更をしたい場合は、書面で変更届を出さなければならない場合もあります。

口座を変更するタイミング

 ではどのタイミングで口座を変更するべきなのでしょうか。これに関しては給料が振り込まれるタイミングと、カードの引き落とし日との兼ね合いとなります。新しい口座に変更しても、先に引き落とし日が来てしまえば、先に入金しておかなければならなくなります。引き落とし日よりも、給料が振り込まれる日が先であれば、早めに口座変更をしておくことをお勧めします。

 いずれにしても、環境が変化したのであれば、落ち着くまでには時間がかかることが多いです。バタバタしている時期に口座も変更しなければならないとなると、さらに手が回らなくなります。必要なことはあらかじめメモなどにまとめておいて、できることから早めに片付けておきましょう。

お店でクレジットカードを使ったら、手数料分上乗せされて請求された!?

手数料が上乗せされた?

 お店やレストランなどでクレジットカードを利用して支払いをすると、とても便利ですよね。支払いはスムーズだし、カードのポイントも貯まって一石二鳥です。ですが、カードで支払いをしたときに、本来の会計よりも少し高めの請求をされたことはありませんか。手数料という名目で料金を上乗せされたことはありませんか?

 カードを利用すると手数料が発生します。この手数料がカード会社の利益になるわけですね。ではこの手数料を支払うのは誰なのでしょうか。答えはお店側です。利用者が手数料を払うことはありません。カード会社とお店側の間で結ばれた加盟店規約があるのですが、そちらでは手数料を消費者に支払わせることを禁止しています。なので、もしあなたが手数料を上乗せされて請求されたと感じたら、すぐにカード会社に連絡しましょう。お店に確認をすることも忘れずに。

カードが使える店・使えない店

 カードを使うことができるお店と、そうでないお店。皆さんはどちらがいいと思いますか?実際に利用してみるとどちらでもいいと感じる人もいらっしゃるかもしれませんが、カードを頻繁に利用する人であれば、圧倒的にカードを使うことができるお店の方が良いはずです。お店側からしても、カードでの支払いを受け入れることは、将来の顧客の獲得につながります。またお店としても信用を得ることができます。このようにカードの支払いができるということはお店にとっても一種のステータスとなります。そのため、カードの恩恵を受けているお店側が手数料を支払うべきなのです。

 店の中には、一括払いのみ、あるいは○○円以上の支払いのみ、というカード使用の条件をつけているお店もありますが、厳密に言えばそちらも規約違反となります。お店側も自分たちの利益を守るのに必死なのです。ですが、逆に考えると、どんなに少額でもカード利用OKというお店が本当に誠実なお店なのではないでしょうか。